調剤薬局に働くための資格はどういったものが必要か

調剤薬局に勤めるために必要なスキルと資格は

このコラムをシェアする

調剤薬局に勤めるための資格やスキル

では人気のある調剤薬局に勤めるためにはどういったスキルや資格が必要なのでしょうか。
単純に薬局に勤めるということであれば薬局事務や受付の仕事であれば基本的な事務知識を持っていれば務めることは容易かと思います。
ただ資格云々の仕事ではないので、給与待遇や残業などは待遇環境が厳しい可能性もありますね。
後は薬剤師になりますが、薬剤師は有資格者でなければ働くことができないのでもっとこれに関してはハードルがより高くなります。
薬剤師は国家資格なのでまず大学卒業以上の学歴が無いと試験を受けることが出ませんので、ここでまず門が狭くなります。
ですので、大卒以上の学歴の無い人は残念ですが薬剤師として調剤薬局に勤めることはできません。

薬剤師になるには資格が必要

このように薬剤師として調剤薬局に勤めるためには大卒以上の学歴と国家試験に合格して資格ととる必要がありますので、学歴の無い人、試験に合格できない人は勤めることができません。
さらに薬剤師になるためには大学の薬学部に入学して6年間の薬学課程を修めないと国家試験の受験資格が取れません。
ですので社会人になってから薬剤師になろうとするには会社を辞めて6年間学びなおす必要があります。
お金もたいそうかかりますし時間もかかりますし、それでも薬剤師を目指したいという人は他の職についていても薬剤師を目指すことはできます。
しかしそれにはかなりの時間的リスクと金銭的リスクが付きまといますので十分考えてから行動に移しましょう。